【お知らせ】マイナビニュースで紹介されました!インタビュー記事はこちらから

【FIRE】貯蓄率60%だと15年以内にリタイアできそう【データあり】

FIREするには貯蓄率が大事って聞くけど、実際はどのくらいにすればいいの?

貯蓄率を上げるためには具体的にどうしたらいいの?

この記事を読めば、あなたの目指すべき貯蓄率を知ることができますよ。FIREを考えている人はぜひ参考にしてくみてください。

データを見ると貯蓄率60%なら15年でFIREできます

自由のイメージ

FIREとは

FIREFinancial Independence, Retire Early)

頭文字をとってFIRE。経済的に自立して早期退職して、自由に生きようという考え方です。

労働からの解放!

FIREするためには年収ではなく貯蓄率に注目

FIREは年収が高い人だけの特権では?

そう思う人もいるかもしれません。

しかし、FIREは年収ではなく貯蓄率が大事です

仮に年収が1000万でもあっても毎年1000万使っていたらまったく貯蓄できていないのと同じだからです。

こちらのグラフに注目です。

参照元:ダイヤモンドオンライン【FIRE】早期リタイアを目指すなら「年収」よりも「貯蓄率」を重視すべき理由

横が貯蓄率、縦がFIREまでにかかる年数をあらわしています。

まずは貯蓄率30%の人の場合。投資の利回りにもよりますが、5%のリターンが期待できるとするとリタイアまでの年数は28年くらいです。

つぎに貯蓄率60%の人の場合。投資利回りによる誤差を考慮しても、長く見積もっても15年でFIREできることがわかります。

貯蓄率を10%上げるだけでもぐっとFIREに近づくことができますね。

スポンサーリンク

貯蓄率を上げるためのチェックリスト

貯蓄率を上げたい!そんな人のために、やることチェックリストを作ってみました。

  1. 収入を増やして
  2. 支出を減らす

このふたつを同時にやることで貯蓄率はグッと上がります。

収入を増やすチェックリスト

  • 転職をする
  • 副業をはじめる(ブログ・インスタ・YouTubeなど)
  • ポイ活をする
  • 家の不用品を販売(メルカリなど)
  • パートに出る

などなど。月に2万円収入を増やせれば年間24万円です。そう考えると、大きいです。

支出を減らすチェックリスト

  • 家賃の安いところへ引っ越す
  • 携帯を格安SIMに変える
  • 電気・ガス会社の見直し
  • ふるさと納税を利用する
  • ノーバイデー(何も買わない日)を実行してみる
  • 不要なサブスク(Amazonプライム)などの解約
  • 各種保険の見直しや解約をする
  • 車を解約して電車やカーシェアを利用する

などなど。食費や光熱費を節約するより、固定費を下げた方が効果が高いです。手間はかかりますが一度やってしまえば効果はずっと続きます。

もし収入が月2万アップして、支出を月2万削減できたら合計4万円。年間にすると48万円にもなります

まとめ

  • FIREするには年収より貯蓄率が大事!
  • 貯蓄率60%なら15年でFIREが現実的になる

FIREを目指して一緒に資産形成、頑張りましょう!

シェアしてね!