【お知らせ】マイナビニュースで紹介されました!インタビュー記事はこちらから

【簡単】海外から学ぶ!「50/30/20ルール」でお金が貯まる家計の黄金比率を計算しよう

お金が貯まる家計の黄金比率が知りたい!

でも複雑な計算は苦手…シンプルでわかりやすいやつがいいな

こんなお悩みを解決します。

この記事でわかること
  • 簡単でシンプル!海外の黄金の家計比率「50/30/20ルール」とは
  • 手取り別シュミレーション


この記事を
書いた人

家計管理って面倒ですよね。

海外では、「50/30/20」というルールで家計管理している家庭が多いそうです!

とっても簡単なので、家計管理が面倒…という人にはピッタリの方法です。

この記事を読めば、簡単に支出の最適化ができるようになりますよ

簡単でシンプル!黄金の家計比率「50/30/20ルール」とは

「50/30/20ルール」って何?

「50/30/20ルール」とは、手取り収入の50%をNEEDS(生活必需品)、30%をWANTS(娯楽)、20%をSAVINGS(貯蓄)にまわす考え方

これはアメリカの上院議員エリザベス・ウォーレンの著書 ”All Your Worth: The Ultimate Lifetime Money Plan” に書かれていた貯蓄方法です。

とてもシンプルでわかりやすいですよね。

手取り収入の50%はNEEDS(生活必需品)

NEEDSは生活するうえで必ず必要になってくるお金です。NEEDS(生活必需品)は手取り収入の50%以内におさめます。

例)食費、日用品費、住居費、光熱費、通信費、交通費など

手取り収入の30%はWANTS(娯楽)

WANTSは絶対に必要ではないけれどあったら楽しめるお金です。WANTS(娯楽)は手取り収入の30%以内におさめます。

例)外食費、趣味、旅費、交際費など

手取り収入の20%はSAVINGS(貯蓄)

手取りの20%は貯蓄にまわします。

NEEDS(生活必需品)が手取り収入の50%を超えてしまったら、WANTS(娯楽)の比率を下げて調整します。

そうすることで、毎月必ず手取りの20%は貯蓄できるようになります

WANTS(娯楽)は欲望に優先順位をつけることが大切!

スポンサーリンク

手取り別シュミレーション

手取り別にいくらになるのかシュミレーションしてみます。

手取り18万円の場合

NEEDS(生活必需品)90,000円
WANTS(娯楽)54,000円
SAVINGS(貯蓄)36,000円

手取り20万円の場合

NEEDS(生活必需品)100,000円
WANTS(娯楽)60,000円
SAVINGS(貯蓄)40,000円

手取り25万円の場合

NEEDS(生活必需品)125,000円
WANTS(娯楽)75,000円
SAVINGS(貯蓄)50,000円

手取り30万円の場合

NEEDS(生活必需品)150,000円
WANTS(娯楽)90,000円
SAVINGS(貯蓄)60,000円

手取り35万円の場合

NEEDS(生活必需品)175,000円
WANTS(娯楽)105,000円
SAVINGS(貯蓄)70,000円

手取り40万円の場合

NEEDS(生活必需品)200,000円
WANTS(娯楽)120,000円
SAVINGS(貯蓄)80,000円

まとめ

「50/30/20ルール」は手取り収入の50%をNEEDS(生活必需品)、30%をWANTS(娯楽)、20%をSAVINGS(貯蓄)にまわす考え方

初心者でも簡単に黄金比率を計算することができますね。

支出を最適化して、お金が貯まる家計を目指そう!

ミニマリスト クレジットカード