【お知らせ】マイナビニュースで紹介されました!インタビュー記事はこちらから

【ミニマリスト】お金を使わない生活ってどんな感じ?生活費内訳とミニマリストはお金が貯まる理由

ミニマリストのお金を使わない生活ってどんな感じ?

ミニマリストはお金が貯まるってほんと?


こういった疑問に答えます。

この記事でわかること
  • ミニマリストのお金を使わない生活(1ヶ月のリアルな生活費を公開)
  • ミニマリストはお金が貯まる理由
  • お金を使わないためのコツ5つ


この記事を
書いた人

生活費は夫婦で月13万くらい。

モノを持たない、お金も使わないミニマムな暮らしをしています。


今回は、ミニマリストのお金を使わない生活について、わが家のリアルな生活費を公開しながら深掘りしていきます。

ミニマリストのお金事情に興味がある!

お金を使わないコツを知りたい!

という人は参考にしてくださいね。

ミニマリストのお金を使わない生活(1ヶ月のリアルな生活費を公開)

まず、ミニマリストの生活費ってどんな感じ?という人のために。

こちらが、わが家のとある月の生活費です。

旅行や特別な出費などで前後しますが、だいたい夫婦二人で月13万円くらい

おそらく二人暮らしにしては支出が少ないほうだと思います。

ちなみに、この家計簿は「マネーフォワードME」というアプリです。

↓家計簿と総資産の把握がこのひとつで完結するので、重宝しています。

住宅

家賃は共益費込みで53,000円。

アクセスのよさと安さで決めました。

モノが少ないので1LDKでも十分生活できています。

食費

だいたい月3万円くらい。

ここには日用品も一緒に計上しています。外食は含めておらず、日常の食費のみです。

その他

その他は「ゆとり費」です。

ゆとり費は「生活に必須ではないけれど、あったら人生がゆたかになるもの」を計上しています。

具体的には、外食、交際費、旅行など。

交通費

夫の通勤や、車を持っていないので土日に出かける際の電車代。

特別な支出

特別な支出には「生活に絶対必要なもの」を計上しています。

具体的には、病院、服、コンタクト代、家具家電など。

水道・光熱費

水道は2ヶ月に1回。

電気、ガスは楽天を利用しています。

スポンサーリンク

ミニマリストはお金が貯まる理由

わたしが思う、ミニマリストがお金が貯まる理由は、つぎの3つです。

  • モノが少ない生活は生活コストが低いから
  • 捨てるとモノを買わなくなるから
  • 好きなモノを大切にするから

順番に詳しく解説します。

モノが少ない生活は生活コストが低いから

モノが少ないと生活コストは圧倒的に下がります。

たとえば、

  • 家賃の安い、狭い家でも住める
  • モノが少ないので収納グッズがいらなくなる
  • 服のクリーニングなどメンテナンス代がかからない
  • テレビの受信料がかからない
  • 車のコストがかからない

モノを持つとそれを維持するためのコストが発生します。

モノを手放すだけでそれらのコストが浮くので、節約につながります。

捨てるとモノを買わなくなるから

これは体験談ですが、以前はわたしも、いろいろなモノを買っていました。

ですが、モノを捨ててミニマムな生活に慣れると、どんどん物欲がなくなくなっていきました。

というのも、服やカバン、小物など、あれほど欲しいと思っていたモノも、結局はほとんど捨ててしまったからです。

「また買っても、どうせ捨てるんじゃないか?」と思うようになり、その結果、ほとんどモノを買わなくなりました。

好きなモノを大切にするから

ミニマリストになると、自分の好きなモノを大切にするようになります。

いらないモノを捨てて、残ったのは本当にお気に入りのみ。

お気に入りの服やアクセサリーなど身に付けたり、好きなモノに囲まれると、気分も上がります。

そうなると、他のモノに目がいかなくなります。

いまあるモノに満足しているので、「あれが欲しい、これが欲しい」という気持ちがなくなります。

お金を使わないためのコツ5つ

わたしが実践している、お金を使わないためのコツを5つご紹介します。

  1. 基本は自炊&まとめ買いが基本
  2. お金がかからない趣味を持つ
  3. マイボトルを持参
  4. 気の乗らない誘いはすべて断る
  5. テレビやSNSを見過ぎない

①基本は自炊&まとめ買いが基本

基本的には自炊をして、食材もまとめ買いが安いです。

ちょこちょこ買いに行くと、ついでに…と不要なものまで買ってしまいます。

うちの場合は、食材の買い出しは月に2、3回です。

買い出しの日までは、いまある食材でやりくりします。

買い出しが少なすぎる!という人は1週間に1回でもいいと思います 。

②お金がかからない趣味を持つ

お金をかけずとも楽しめる趣味はたくさんあります。

  • ウォーキング
  • ヨガや筋トレをする
  • 近所を自転車で散策してみる
  • YouTubeやAmazonプライムをみる
  • 図書館で読書
  • 公共のジムに行く
  • ただ、ボーッとする

最近はYouTubeで色々なことが学べます。

ヨガや筋トレや絵画のレッスンなどの動画もありますし、お金について情報を発信している人もいます。

また、公共の施設(ジム、図書館、プールなど)はほとんどお金がかかりません。

③マイボトルを持参

ぜひマイボトルを持ち歩く習慣を。

これで外出時に喉がかわいたとき、コンビニや自販機で買う必要がなくなります。

わたしは魔法瓶の水筒を持ち歩くようにしています。

夏は氷を入れてキンキンに冷えた状態で飲めますし、冬はアツアツのお茶を入れていくので、わざわざ買わなくても快適に水分補給ができます。

④気の乗らない誘いはすべて断る

気の乗らない誘いは、すべて断ります。

そうすることで、お金も時間も節約できます。

わたしはミニマリストになって、モノを手放し、本当に大切なものや必要なものにフォーカスしていくなかで、人間関係も少しずつ整理していきました。

結果、お金も時間も浮いていいことだらけでした。

何より、ストレスがないのが最高!

⑤テレビやSNSを見過ぎない

テレビやSNSも見過ぎないことが大切です。

理由は、物欲を刺激するから

テレビの広告やSNSで知る→欲しくなる→買ってしまう

良くも悪くも、いろいろな情報が手に入りやすくなりました。

意識的に情報をシャットアウトすることで、物欲のコントロールができるようになります。

まとめ

今回はミニマリストのお金のかからない生活についてでした。

わたし自身、ミニマリストになってお金がどんどん貯まっていきました。

やはり、ミニマリストは蓄財と相性がいいとつくづく実感しています。

以上、少しでも参考になればうれしいです。

ミニマリスト クレジットカード