【お知らせ】マイナビニュースで紹介されました!インタビュー記事はこちらから

ミニマリストに1LDKがオススメな理由【二人暮らしでも快適】

ミニマリストにオススメの間取りは?

二人暮らしの1LDKの生活に興味がある


こんな人向けに記事を書きました!

この記事でわかること

✔︎ ミニマリストに1LDKがオススメな理由

✔︎ 二人暮らしで1LDKに住む際のメリットとデメリット

✔︎ 1LDKがオススメな人の特徴3つ


かおる

夫婦ふたりで1LDKに住んでいます。

生活費は月に13万円くらいで、家計も暮らしもミニマムな生活をしています。


今回は、実際に1LDKに住んでみてわかった魅力や、メリットデメリットについてまとめました。

ミニマリストの暮らしについて興味がある人は、参考にしてくださいね。

ミニマリストに1LDKがオススメな理由

ミニマリストに1LDKがオススメな理由は、つぎの3つです。

  1. 生活感のでるものをまとめることができ、部屋がスッキリする
  2. 余白を楽しめる
  3. 趣味やこだわりの部屋を作ることも可能

①生活感のでるものをまとめることができ、部屋がスッキリする

1LDKは、リビング、ダイニング、キッチンとは別に1部屋ある間取りのことをいいます。

1LDKの魅力は、何といってもこのプラスの1部屋。

うちの場合、この部屋を生活感のあるものや使う頻度が少ないものを置くスペースとして活用しています。

たとえば、キャリーケースやレジャー用品、布団などです。

こういったものは普段よく目にする場所に置くとごちゃつくので、できるだけ置かないようにしています。

別の部屋にまとめることで、生活がスッキリします。

②余白を楽しめる

1LDKだと、ある程度部屋が広いので余白を楽しむことができます。

ミニマリストというとワンルームや1Kに住んでいるイメージがありますよね。

もちろん、1Kやワンルームにコンパクトに住むのもステキだと思います。

しかし、1LDKで少し空間にゆとりを持ちながら生活するのも、開放感があって快適です。

③趣味やこだわりの部屋を作ることも可能

1LDKのあまった部屋を、趣味やこだわりの部屋にすることも可能です。

ミニマリストといっても、何でもかんでもモノを減らせばいいわけではないとわたしは思っています。

大事なのは、「自分の好きなモノに囲まれることで、しあわせな気持ちで過ごす」ことだと思うからです。

趣味のものを置くスペースや、自分の理想の部屋を追求するのもステキだと思います。

スポンサーリンク

二人暮らしで1LDKに住む際のメリットとデメリット

わが家のリビング兼寝室。ソファーとテレビは手放しました。

わたしは現在、夫と二人で1LDKに住んでいます。

部屋の使い方は、ざっくりこんな感じです。

  • ソファー、テレビなし
  • リビングは寝室と兼用
  • ソファーがないので普段はダイニングテーブルでくつろぐ
  • あまった部屋は副業や使用頻度の少ないものの置き場として使用

二人とも持ち物は少ない方です。

よく、二人で1LDKって狭くないの?と聞かれます。

そこで、二人暮らしで1LDKに住むメリットとデメリットについてまとめました。

1LDKで二人暮らしのメリット

テレビやソファーがないと広々暮らせる

モノが少ないと広々暮らせます。

テレビとソファーを手放したので、そのぶんゆとりができました。

エアコンが一つで完結する

基本的にはLDKのどこかにおり、ベッドもリビングにあります。

生活スペースをまとめることで、エアコンが一つですむようになりました。

(以前はリビングと寝室を分けていたので、エアコンがふたつ)

家賃が安い

家賃は53,000円。

狭い部屋でも住めると、金銭面でもメリットがあります。

1LDKで二人暮らしのデメリット

モノが多いと部屋が狭くなる

家具が大きい(ソファーやテレビ台)、多趣味でモノが多い人はちょっと狭く感じるかもしれません‥。

自分の部屋がない

1LDKだと個室が一つしかありません。

使い方をパートナーとよく話し合う必要があります。

常に気配を感じる

狭いので、常に夫の気配を感じています。笑

わたしは気になりませんが、人によっては気になるかもしれません。

1LDKがオススメな人の特徴3つ

以上を踏まえて、1LDKがオススメな人の特徴をまとめました。

1LDKがオススメな人(一人暮らしの場合)

まずは一人暮らしの場合から。

こんな人にオススメ!
  1. ある程度モノがあって、部屋をスッキリ見せたい
  2. 余白を楽しみたい
  3. 趣味やこだわりの部屋をつくりたい

一人暮らしなら十分な広さです。

ミニマリストの人で、趣味も楽しみたい、広々と快適に過ごしたい、という人にはオススメです。

1LDKがオススメな人(二人暮らしの場合)

つぎに二人暮らしの場合です。

こんな人にオススメ!
  1. 家具やモノが少ない
  2. 家賃や光熱費を安く済ませたい
  3. 自分の部屋がなくても平気

二人暮らしだと人によっては狭く感じるかもしれませんが、モノが少なければ、快適です。



今回はミニマリストにオススメな1LDKの魅力やメリットデメリットについてご紹介しました。

以上、少しでも参考になればうれしいです。